2013/07/17

悔しい敗戦だけど分かったこと、久しぶりのトーナメントに挑戦!

久しぶりにトーナメントに出てみました。
自分にとっては7年ぶりです。

そうでうね 試合はたくさんやってきましたから 
いや その昔は試合こそ生きている証みたいなかんじでしたよ。
年間で40トーナメントとか出て 休みはいつなの?って感じのときもありました。



そんな自分もきっぱりと試合から遠ざかり
インタークラブなどの時もバックアップする立場で過ごしてきました。
けれども今回 機会があって試合に挑戦です。

練習は少し前から再開していました。

試合前のセッティングはそうですね・・・

準備の仕方は覚えてますからそれを忠実に行いました。

2週間前位からコンディションはサプリメントにて、プロテインにクレアチン、ビタミン類と摂取をして 試合当日のローディングもばっちりです。 アップを兼ねて自転車で会場に向かうんですが 出発する時間から そのルート 通過する時間や 交通の危ない場所などもインプット済み。
昔のルーチンを行いました。

試合の入り方も様子を見ながらのスタート
ラッキーにも先にブレークして 3-1のリードをすることが出来ました。
が そこから自分のゲーム運びが良くなくなり 自分からゲームを失うようにミスをしてしまいました。

技術的なことを考えると
「ボールスピードを遅くして長いラリーに持ち込んで相手を黙らせる」
といった戦術を使ってゲームを支配していた過去のパターンをやってみたのですが
どうも少しコントロールが乱れます。
ポイントの終わるショットが少しだけ
「入るか 入らない」
は 大きくゲームの流れを左右しますので
「ちょっと 出た」
が 何かありました。

そんな違和感を感じながらのプレーでしたが
4-4から2ゲームを取られ
第一セットは
4-6

第二セット

ウェアを着替え 心を切り替えて・・・
「自分の作戦が出来なくて イライラするのは感じますが コートでは自分がやるしかありません
何とか 頭の中を作戦を組見直す方向に使いたかったのですが すぐに切り替えられません。」
自分が自分を分析しています。

少し 整理が出来ないままに
「ファーストサーブを入れて何とかペースを掴みたい・・・」
という気持ちでしたが ファーストが入りません
肩の故障でろくにサーブ練習が出来なかったとはいえ
ここでは 速いサーブはいりません 
ファーストサーブが入ればいいだけです。
「でも 入らなかった・・・」
イライラするよねー しょうがないけど。
0-3

スローペースに持ち込みたい・・・
でも 肝心なショットがミスをする。
まだスタミナも残ってるし 足も動くけど
微調整が上手くいっていなかったのでしょう。
「頑張れ自分!」

0-5

作戦に変更は無し
スローペース 長いポイント
目の前のポイントだけではなく
自分のパターンに持ち込みたいところです。
我慢が実り 相手も少し緩み

3-5

しかし 完全にペースがきたわけでなく 
残念ながら

3-6

にて終了。
残念ながら余力を残した感じが悔しいです。

終わってみれば悔しさ100パーセントの残念な結果ですが
これを7年間ブランクがあったにしては良かったか?悪かったか?

「そういう評価は意味が無い by みのる」

自分はこう思います。

この敗戦は悔しいですけど
これから何をするかが問題ですよね。
本来 自分は試合に出て 負けから学び 隙の無いプレーをし ロングマッチの接戦を勝ちきる。
これが スタイルでしたので
勝った、負けただけではなく
勝負の世界にいること。
負けは必要なんですね。

「機会があったらー」
なんて遠慮してたら
過去の
「ベリーロングマッチ ミノルサン!」
というのも 本当の過去になってしまいます。

ですので
「みのるテニス@シンガポール!チャレンジ偏」
こういう感じで
いこうかと

いきたいね!

Disqus

comments powered by Disqus
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...