2013/11/08

本当に子供も大人も楽しめるのか?「ジュロンバードパーク特集 最終回」


DSC_0768
ジュロンバードパーク特集 今回は最終回
さあ 珍しい鳥たちに会いに行きましょう!
最初は・・・ 遠くからでもその存在感。近くによって見てびっくり!

これは?

置物ジャン!

いや?

DSC_0765

あっ
動いた!



びっくりしましたよ・・・
大きくて 近くによっても
なかなか反応が無いのでどうなんだろ?鳥の反応の割りには遅いかと

それにしても愛嬌のある顔してますし 
餌とかどうやってとるんでしょうね?
こちらは 檻も何も無いので いつ飛んできてもおかしくないのですが
飛べないのでしょうか?逃げないの?




さらに奥の方に進みますとインコのコーナーがあって
それは色とりどりのインコたちがいて 少しだけ紹介しますと・・・

DSC_0739

インコのらしいインコ
ちょっと 眠そうな顔してますね
色も 淡い感じです。





DSC_0740

ちょっとオウムに近いか?
いや インコとオウムの違いは大きさくらいではっきりと分かりません
そういう理解でいいのかも・・・
もしかしたら しゃべれますか?



中央よりに大きな池もありました。

DSC_0763

フラミンゴ
たくさんいます。
やっぱり 放し飼い

すると 頭上を飛んでいって

DSC_0778

脱走するのか!!
っと 見ていたのですが
逃げませんね。

檻もないので 飛んで逃げることも可能なんでしょうけど
逃げる意味が無いんでしょうね

やっぱり環境とか 餌のおかげなんでしょうか?

それでもいつか 大脱走が起きないか?
とも思います。
すぐそこは高速道路 車にひかれたら大変ですよ・・・




他にも室内では
DSC_0791

ふくろうもいました
こちら以外は 暗くて撮れませんでした。

雨が降ったり すごく暑かったりしたときに 冷房が効いているので
そんな時に入る場所としていいと思います。


ふくろうは夜行性ですので おそらく昼の時間はこのように暗くして 活動してもらい
バードパークが閉館してから 明かりをつけて 
「就寝」
という 生活パターンなのかな?
なんて 考えてしまいます。
おやすみなさーい!
で ライトオン。

面白いですね。



はい
まだまだ 見所はたくさんあるんですが
3回では紹介しきれません 
お勧め度合いは自分なりですが

動物園に2回行ったらバードパーク1回行くべきでしょうね。
ちなみにナイトサファリは1回行けばOK(実際に一回は見たい けど 一回見ればOK)
で 望遠レンズなどの撮影機材なんかを試すにはちょうど良いかと思います。

コツとして
○雨具はかさとカッパ 両方を持参。
○基本的にトラムは必要なし。(少し坂がありますが基本的に全部見る場合は歩くしかない)
○ショーは2種類とも見ておきたい。(鷹のショーは見てないけど 見たかった)
○餌を与える時間をチェックする。(場合によってはトークショーのようにやってます)


まだ行ったことが無い方は(鳥が苦手な方を除く)一度 トライしてみてはいかがでしょうか?






スタッフ紹介minoru kaneko 金子 稔 サンワテニスアカデミーコーチ
健康の為のテニスのはずが故障して痛い思いをしていませんか?自然体でいつまでも楽しくプレー出来るフォーム改善をサポートします。普段は育児にカメラに修理にと頑張ってます。


Banner 800 300 2

Disqus

comments powered by Disqus
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...