2014/08/29

バックハンドのスタンス 足からの力を伝える軸のつくり方 いろいろ見てみましょう。

DSC_0149
メルツアーのバックハンド こちらマレーシアオープン2013にて。
良い打点で捉えてます。しっかりとインパクトができていると安心して打てますね。
今回はバックハンドを少しだけ考えてみます。




DSC_0108
やっぱり バックハンドはしっかりとスタンスとって
がっちりと
これが基本だと思います。

フォアに比べて スタンスはきっちりと決めたいですね。

DSC_0391
スタンスの取り方なら
がっちりさではやっぱりフェラーかな
やっぱり
フットワークが重要です。


DSC_0467
スタンスが決まらないと 精度が落ちますよね。
あ これは別にOKですよ。
少し遅れた打点でも なんとかなるのがダブルバックハンド。


DSC_0611
高いところの対応は ジャンプして
これは空中で打ちますが ジャンプする前ががっちり決まっているかどうか
が 問題です。

空中だと両足が浮いてますからね。

まあ ジャンプするのにスタンス決めないで どうやって飛ぶんだ?
って 話ですが 要するに上半身も含めてのバランスも大切です。


DSC_0806
こうやって 上体がまっすぐな感じ
軸があって 足からの力で打てますね。
でも腕が曲がって 力が入りすぎてるとも・・・



DSC_0830
こういう感じで
腕を伸ばして対応する感じ

自分の好みは
腕も長く使い 上半身もまっすぐなっていうのが好きです。

そうすると このなかではメルツアーってところでしょうか?

歴代で選べるならナルバンディアンでしょうかね?

写真は全てマレーシアオープンから
今年も9月にあります。
KLへ観戦ツアーへ行ってみてはいかがでしょうか?











スタッフ紹介minoru kaneko 金子 稔 サンワテニスアカデミーコーチ
健康の為のテニスのはずが故障して痛い思いをしていませんか?自然体でいつまでも楽しくプレー出来るフォーム改善をサポートします。普段は育児にカメラに修理にと頑張ってます。



Disqus

comments powered by Disqus
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...