2014/10/04

マレーシアオープン2014 2回戦 添田 VS マトセビッチ

DSC_0368
ATP250【マレーシアオープン】
添田選手 対 マトセビッチ
チャンとダンテ 両コーチがこの試合を偵察に来ていました。


DSC_0343

添田が出だし良くスタート。マトセビッチはフォアハンドを当たり損ねてミスするケースが多くありました。
DSC_0804

キリオス戦では見られなかったミスです。添田が序盤をリードして4-1マトセビッチサービスの30-40とチャンスがあったのですが、そこをサービスで乗り切ると、今度は添田選手がサービスゲームで積極的に攻めますがボレーがアウト。

DSC_0750

とりたかったブレークポイントが取れなかったところがターニングポイントとなり、流れがかわってしましました。


DSC_0757

それまでうまくいっていた、スライスの配球からハードヒットのパターンもうまくいかなくなり、さらにはセカンドサーブのリターンが厳しく返ってくるようになりました。それでもマトセビッチもフォアハンドに当たり損ねのミスもあったので、タイブレークはどちらがとってもおかしくない状況でした。
しかしマトセビッチがタイブレーク7-5とセットを取り、添田がセットを落とします。
DSC_0564


セカンドセットに入るとゲームはメンタル戦へと変わり ブレークが10ゲーム中で7回となりました、サービスゲームをきっちりとキープできれば有利だったのですが リターンゲームでのプレッシャーがお互いに厳しく、お互いサービスゲームの展開になりませんでした。
最後まで勝負の行方はわかりませんでしたが、結局マトセビッチが6-4とセットを取りゲームセットとなりました。
DSC08554

 ビックポイントで良いポイントが出ていれば流れが大きく変わる可能性のある試合でした。


三和テニスアカデミー 金子稔

 という 記事がスマッシュのフェイスブックへ載りました。

Disqus

comments powered by Disqus
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...